排熱利用で化石燃料の消費削減

近年、地球温暖化が問題となっています。


石油や天然ガスなど、炭素を多く含む化石燃料を燃焼させたときには、大量の二酸化炭素が発生しますが、この二酸化炭素の大気への排出量が増加したことが、地球温暖化の一番の問題とされています。化石燃料の消費量を抑えるための技術的な方策として、排熱利用と呼ばれる技術が知られています。

排熱利用の情報が欲しい方必見です。

化石燃料を燃焼させたときには、電力や動力を得ると同時に、多量の熱エネルギーが放散されます。

本来得られる動力よりも、大気に放散される熱エネルギーの方が多いのが一般的。



つまり、化石燃料から得られるエネルギーの大半を熱として捨てていることになるのです。

排熱利用とは、これまで捨ててしまっていた熱エネルギーを有効利用して、エネルギー利用効率を高めることのできる技術です。


排熱利用の装置としてはさまざまな種類のものがありますが、例えば、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた発電装置が挙げられます。
この発電装置では、まず、一次装置として、天然ガスなどを燃焼させてガスタービンを回し、このガスタービンで得られた動力で発電機を動かして電力を発電します。
このとき、ガスタービンでは非常に大きな燃焼熱が生じます。

この燃焼熱を利用して水を沸騰させて蒸気を発生させ、二次装置である蒸気タービンを作動させます。



つまり、ガスタービンだけでは本来捨てられてしまう熱エネルギーを有効利用して蒸気タービンを回し、発電効率を高めることができるのです。

ビジネスが気になる方

最近は、エネルギーの供給減もいろいろな種類にシフトしていっています。排熱利用もその一つです。...

more

ビジネスの納得の真実

工場においては冷却水は非常に重要なものであり、生産性を向上させるために必要不可欠なものです。また製品を洗浄する際にも水を多用するケースが多く、そのための配水を行う管路は常に円滑に水が循環するように整備されていることが重要になります。...

more

ビジネスの納得の事実

スケール除去をすることで、歯の病気を予防することができます。スケール除去とは、歯や歯茎に付着した歯垢を取り除くことです。...

more

ビジネスの常識

熱交換機や冷却装置などには、細管がありその中を水などが流れています。特殊なクーラント液ですと詰まりが発生することは少ないのですが、水を溶媒にしている場合には含有するカルシウムなどが細管の内側に付着することがあります。...

more
top