スケール除去を行うメリットと注意点

工場においては冷却水は非常に重要なものであり、生産性を向上させるために必要不可欠なものです。
また製品を洗浄する際にも水を多用するケースが多く、そのための配水を行う管路は常に円滑に水が循環するように整備されていることが重要になります。



しかしこのような水の中には様々な物質が含まれていることが多く、中には管路の内側に付着し管路を狭めたり、配管を腐食させてしまう恐れもあるため、内部に付着するスケールを定期的に除去することが非常に重要となっています。

スケール除去を行う方法については、デスケーラーという薬剤を利用して除去する方法が最も一般的ですが、このデスケーラーにも様々な種類があり、これを的確に選ばないとさまざまな問題を生じてしまうことがあります。



洗浄に使用する水の配管の場合には洗浄性の強いものを使用すると製品に対しての影響がある危険性があり、またデスケーラーに含まれる成分によっては管路自身を腐食させてしまうといった問題が発生することも少なくありません。


そのため、スケール除去を行う際には使用するデスケーラーの成分を熟知し、様々な影響を考慮して選ぶことが大切です。
スケール除去を行う大きな理由は、スケールが管路の内部に付着し水の流れが悪くなることを避け、かつそのスケールが水の中に溶け出し悪影響を与えることを防ぐのが大きな目的です。


しかし、効率を高めるために必要以上に洗浄性の高いものを利用するとさまざまなトラブルが発生する危険があるので、十分な注意が必要です。



top